リーアム・ニーソン主演作でナンバーワンかも?
「アンノウン」「フライト・ゲーム」に続き、リーアム・ニーソンジャウム・コレット=セラ監督が3度目のタッグを組んだクライムアクションです

2015年9月16日レンタル開始
ラン・オールナイト

作品情報
原題:Run All Night
洋画:クライム・アクション
製作年:2015年
製作国:アメリカ
日本公開:2015年5月16日
上映時間:114分
公式サイト

あらすじ
ブルックリンのマフィアのもとで暗躍するすご腕の殺し屋ジミー・コンロン(リーアム・ニーソン)は、命を狙われた息子を救うため相手を亡き者にする。ところが相手がマフィアのボスで親友ショーン(エド・ハリス)の息子だったため、復讐(ふくしゅう)に燃えるショーンはジミーと彼の息子を殺すことを宣言。ジミー父子は、組織や金で買われた警察が包囲網を張り巡らせたニューヨークで、迫り来る追手を必死に振り切ろうとするが・・
予告動画↓


いや~最高でした「96時間」シリーズで渋いオヤジとして一躍人気者となったリーアム・ニーソン

96時間」シリーズを超える親父っぷりは不可能かと思われていましたが・・今作ではついに超えたのでは?っと思っちゃいます

それほどこの映画は良かった~(^^)/
最高でした
ラン・オールナイト
映画始まってから出てくるリーアム・ニーソン演じるジミー・コンロンは見るからにダメ親父・・年下の男に媚びへつらい金を借りる様なダメっぷりに飽きれちゃいます

しかしこのジミー・コンロン・・・
超一流の殺し屋だったのです

これまでに犯した罪の重さに苛まれ、酒を飲むことだけが日々の慰め・・・仕事のせいで妻とは離婚・・たった一人の息子からは超嫌われています
ラン・オールナイト
息子役にはジョエル・キナマン新「ロボコップ」の中身の人ですよね
ちょっとソリが深いがカッコいいですよね
元ボクサーっていう設定で同じく元ボクサーなのでちょっと嬉しかったりしました

そんな息子を持つジミー・コンロンですが、家族だけでなく親戚からもからも疎まれていますどうも・・過去に親戚の子供を口封じに殺したことがあるようです

酒浸りでダラダラした生活を送っているジミー・コンロンですが、ある事件をきっかけに元の野獣の殺し屋としての姿を取り戻すのです
それは・・・

愛する息子を守る為
ラン・オールナイト
マフィアのボスで長年の親友、ショーン(エド・ハリス)の息子の行う殺しの現場を目撃したために、命を狙われた息子マイクを救うため、ジミーはショーンの息子を殺害してしまうのです

エド・ハリス演じる大ボスショーン・・・彼に事情を説明します
バカ息子だからしかたないっと殺しを納得するのかと思ったら・・・

ラン・オールナイト

大激怒

ヽ(#`Д´)ノ “お前の息子を殺す”
と、復讐に燃えちゃいます

ちょっと大人げないだろう・・・お前の息子が悪いんだろ?
っと思いますが・・子を殺された親の気持ちになったら仕方ないのかもしれませんね

こうして、マフィア、買収された警察、凄腕の暗殺者・・様々な人物に狙われながら街中を走り回るのです
ラン・オールナイト
カーチェイス、肉弾戦、ガンアクション・・
もう最高ですよ

そして出てきた殺し屋
ラン・オールナイト 殺し屋
最後まで行われる彼とのバトルは見ごたえあります

そして、どんな時でも息子に自分と同じ道を歩ませないように・・
絶対殺しをさせないリーアム・ニーソン演じるジミー・コンロンの親父っぷり自己犠牲精神は思わず目頭が熱くなります

ちょっとエド・ハリスのラストはカッコ悪かったけど
ラン・オールナイト エド・ハリス
たった1人でショーン(エド・ハリス)の軍団に挑み皆殺しにしたジミー・コンロンの渋さと凄まじさ

渋かったです

 ラン・オールナイト ラスト
ラストは命を投げ出して、息子を助ける姿に感動を覚えること間違いなし

こんな渋いリーアム・ニーソン観たことありますか?
文句なしに過去最高作品かもしれない・・・

観て絶対損をしないおすすめ映画ですね

オススメ度:★★★★★
スポンサーリンク


関連記事↓
オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」
高速道路をひたすら走る主人公ただ1人だけが86分間にわたって映し出される異色のワンシチュエーションサスペンス

 ラスト・リベンジ「ラスト・リベンジ 」
認知症のCIA捜査官による個人的なテロリストへの復讐を描くサスペンス・アクション