ちょっと前に「演技の上手い若手女優ランキング((´∀`))」というのを書いたんですけど、思惑好評だったので
今日は、演技の上手い若手俳優ランキングを考えてみようと思ってます(*‘∀‘)
20代の俳優ではとりあえずこの9人ですかね~

この人上手いんじゃないっすか?っていう9人をランキング形式で書いていきます
超個人的な感じで書いてますんでご了承くださいね




9位:柳楽優弥                
柳楽優弥

子役から大人へ、期待できる一材

2002年に「友達が所属していて楽しそうだった」という理由で芸能事務所入りを希望し。スターダストプロモーションに応募する。

映画『誰も知らない』が初オーディションだったが、監督の是枝裕和に「目に力がある」と主役に抜擢された。この『誰も知らない』が子役としての最初の活動となるが、撮影に1年かけ、公開はさらに1年経ってからだったため、メディアに出たのは本田技研のCMやドラマ『クニミツの政』の方が先となった。
 
その主役を演じた映画『誰も知らない』が2004年、第57回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品され、当時14歳で史上最年少で男優賞を受賞した。

柳楽は学校の定期試験により先に帰国していたため、授賞式は監督の是枝が代理で出席している。このニュースを機に一躍有名になり大いに話題を呼んだ。

また、同年8月25日に「文化関係者文部科学大臣表彰」を授与され、同10月5日の『TIME』誌アジア版では「2004 Asia's Heroes」に選出された。
 
8位 :池松壮亮                
池松壮亮

今がピークか?まだまだ伸びるのか?

2001年、10歳のときにミュージカル『ライオン・キング』のヤングシンバ役でデビュー
2003年、ハリウッド映画『ラストサムライ』で映画初出演。主人公・オールグレン(トム・クルーズ)と心を通わす少年・飛源を演じて、第30回サターン賞では若手俳優賞にノミネートされた。
2005年、映画『鉄人28号』で主人公・金田正太郎役を演じ、映画初主演を果たす。

2013年に大学を卒業してからは役者の道一本となり、意欲的に多彩なジャンルの作品に出演。
2014年、映画『ぼくたちの家族』や『紙の月』などの演技が評価されブルーリボン賞やキネマ旬報ベスト・テンなど日本の主要映画賞で4つの助演男優賞を受賞。

ドラマ『MOZU』シリーズでは双子の殺し屋の役を一人二役で演じ激しいアクションにも挑戦。
第39回エランドール賞新人賞も受賞している。

7位:佐藤健                  
佐藤健

女性に絶大な人気のスケコマシ俳優

高校生の時に原宿でスカウトされて芸能界入り。2006年、テレビドラマ『プリンセス・プリンセスD』の準主役・河野亨役で俳優デビューした。

2007年1月、平成仮面ライダーシリーズ第8作『仮面ライダー電王』の野上良太郎 / 仮面ライダー電王(声)役で連続テレビドラマ初主演し、また、同年8月公開の同作の劇場版『仮面ライダー電王 俺、誕生!』で映画初出演・初主演した。

2012年4月、舞台 『ロミオ&ジュリエット』にロミオ役で出演。同年8月、主演映画『るろうに剣心』が公開され、2014年7月と8月にはその続編である『るろうに剣心 京都大火編』『るろうに剣心 伝説の最期編』が2部作連続公開された。

バクマン。(2015年10月3日公開予定、東宝)にも主演で出演!ヒット作にも恵まれている


6位:濱田岳                   
濱田岳

この人しかできない役柄満載

9歳の頃に東京ドームで野球観戦をした帰りにスカウトされ現在の事務所に所属。

1998年、ドラマ『ひとりぼっちの君に』で子役デビュー。ダウンタウンの浜田雅功演じる主人公と同居を始める少年、日比野雄大役を演じた。2000年には『平成夫婦茶碗〜ドケチの花道〜』などにも出演し早くから活躍。
 
その後、中学、高校の途中までラグビー部に所属しラグビーに夢中になるなど、役者活動を一時休止していたが、2004年、『3年B組金八先生』の出演をきっかけに本格的に俳優の道を志す。
 
2008年、『アヒルと鴨のコインロッカー』(2007年公開)で第22回 高崎映画祭最優秀主演男優賞を受賞した。
 
2011年、『ピースボート -Piece Vote-』で連続ドラマ初主演を務めた。
2015年、CM総合研究所が発表した「2014年CM好感度ランキング」の男性部門で第2位を獲得。

5位:高良健吾                 
高良健吾

進化し続ける大器

父親は旅行会社に勤め転勤族であったため、九州内での転居を繰り返す環境にあった。それについて反抗したり、少しだけ引きこもったことがある。熊本県の私立九州学院高等学校卒業。
 
高校生の時に、熊本のタウン情報誌『クマモト』にスカウトされ、素人スタッフ兼モデルの一員として編集部に出入りするようになる。当時から俳優業に興味があったため、それを知る同誌の副編集長から東京都の芸能事務所の社長を紹介され、高校卒業と共に芸能界に入る。
 
2005年、ドラマ『ごくせん』で俳優デビューし、2006年公開の『ハリヨの夏』で映画デビュー。以降、映画出演が多く続いているが、ドラマ出演が少ないのは「連ドラで3か月スケジュールを空けるのが難しいからで、ドラマが嫌いというわけじゃない」と語っている。
 
2011年、『時計じかけのオレンジ』で舞台に初挑戦する。
2013年、主演映画『横道世之介』で第56回ブルーリボン賞主演男優賞を受賞。
出身地である熊本市の「わくわく親善大使」を務めている。

4位:菅田将暉                 
菅田将暉

共喰い〉からの注目株

2007年、アミューズが行った「アミューズ30周年記念オーディション」で応募者65,368人の中からファイナリスト31人に残るが落選。
 
2008年、第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでファイナリスト12人に選出される。このコンテストがきっかけで、トップコートに所属が決定した。
 
2009年、芸名が「菅田 将暉(すだ まさき)」と決まる。

同年9月より、平成仮面ライダーシリーズ第11作『仮面ライダーW』にて仮面ライダーシリーズ最年少でフィリップ / 仮面ライダーW(声)役で連続テレビドラマ初出演・初主演を飾り、桐山漣とW主演を務め、放送開始前の8月に公開された『劇場版 仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』で特別出演・声の出演のみながら映画初出演、12月に公開された『仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010』で映画初主演を務めた。

 第37回日本アカデミー賞 新人俳優賞(『共喰い』)
 第24回日本映画批評家大賞 助演男優賞(『そこのみにて光輝く』『海月姫』)

3位:岡田将生                  
岡田将生

走攻守すべてにおいて高得点

2006年、日本工学院専門学校のCMでデビュー。同年、テレビドラマ『東京少女』 (BS-i) でドラマデビュー。
2007年、映画『天然コケッコー』、テレビドラマ『生徒諸君!』(テレビ朝日)、『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』(フジテレビ)でメインキャストを務める。
2008年、テレビドラマ『フキデモノと妹』(テレビ朝日)で初主演。
2008年冬から2009年にかけて、主役級で出演する映画5本(『魔法遣いに大切なこと』、『重力ピエロ』、『ハルフウェイ』、『ホノカアボーイ』、『僕の初恋をキミに捧ぐ』)が相次いで公開される。これらによって2009年度映画賞の新人賞を総なめにする。
 
2009年、映画『ホノカアボーイ』で映画初主演。同年、テレビドラマ『オトメン(乙男)〜夏〜』(フジテレビ)で連続ドラマ初主演。また、芸能活動と並行して都内の大学に在学していたが、2009年度末に大学を中途退学し、俳優業に専念する。
2010年、廣木隆一監督の映画『雷桜』で時代劇初出演。
2012年、『平清盛』で源頼朝役を演じ、大河ドラマ初出演にしてナレーションも担当。当時22歳で、源頼朝役を演じるのも、ナレーションを担当するのも大河ドラマ史上最年少となった。

第34回日本アカデミー賞 優秀助演男優賞(『悪人』『告白』の2作品で受賞)

2位:染谷将太                  
染谷将太

まさかここまでになるとは・・・(;゚Д゚)

7歳のときに子役として活動を始める。
9歳のときに『STACY』で映画初出演。
2009年、映画『パンドラの匣』で長編映画初主演。
2011年、第68回ヴェネツィア国際映画祭に出品された園子温監督作品『ヒミズ』で共演した二階堂ふみとともに、最優秀新人賞にあたるマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞した。日本人の同賞受賞はこれが初である。
2012年、『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』で、第66回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞を受賞。
2013年、『ヒミズ』『悪の教典』で第36回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。
同年9月3日に、エビス大黒舎からトイズファクトリーへの移籍を発表。
2015年、1月1日に菊地凛子との結婚を発表。 『さよなら歌舞伎町』で、第14回ニューヨーク・アジア映画祭ライジングスター賞を受賞する。

1位:神木隆之介                 
神木隆之介

1位は今若手ナンバーワンと呼び声高い神木隆之介

1993年5月19日、埼玉県に生まれる。出生当初は大病をして体が弱く、「助かる確率は1%だったらしい」と本人は語る。

生きている証を残したいと、2歳で母親が「セントラルグループ・セントラル子供タレント」へ入団させたのが芸能界に入るきっかけである。同年、CMデビュー。1999年、テレビドラマ『グッドニュース』でドラマデビューした。
2004年、映画『お父さんのバックドロップ』で、プロレスラーの父親と距離を置く息子役を演じた。
2005年、アミューズに移籍する。映画『妖怪大戦争』で主演し、日本アカデミー賞・新人俳優賞を受賞した。
2006年7月1日放送の『探偵学園Q』でドラマ初主演、同ドラマは2007年、連続ドラマ化された。
2008年、テレビドラマ『風のガーデン』で知的障害児役を演じる。
2010年、NHKスペシャルドラマ『心の糸』ではろう者役の松雪泰子の息子役を演じ、手話とピアノの特訓を受けた。
2011年、NHKスペシャルドラマ『心の糸』でモンテカルロ・テレビ祭男優賞にノミネートされた。10月から放送されたテレビドラマ『11人もいる!』で主演。
2012年4月7日、『劇場版 SPEC〜天〜』に出演、同年夏公開の『桐島、部活やめるってよ』では「ヘタレ」の高校生を演じる。
同年、NHKの大河ドラマ『平清盛』で源義経を演じた。
2005年、小学5年生の時に大河ドラマ『義経』で牛若丸を演じており、大河ドラマで作品を変えて、同じ人物の幼少期と成人期を演じたのは、1996年『秀吉』と2009年『天地人』で石田三成を演じた小栗旬以来2人目である。
2013年、テレビドラマ『家族ゲーム』に出演し、優等生の二面性を演じ、高い評価を得た。
2014年、映画『るろうに剣心 京都大火編 / 伝説の最期編』に出演し、原作でも人気の高い瀬田宗次郎役を演じた。
多くのアニメ映画にも出演しており、2015年現在、ジブリ作品では『千と千尋の神隠し』から『借りぐらしのアリエッティ』まで4作品の長編アニメに出演している。『借りぐらしのアリエッティ』で演じた翔は神木自身がキャラクターのモデルとなっている。

バクマン。(2015年10月3日公開予定、東宝)にも佐藤健と共に、主演で出演している


いや~こうしてみると楽しみな一材がたくさんいますね今後天下を取るのは誰なのか?
以上9名が、個人的演技の上手い若手俳優でした(*‘∀‘)


スポンサーリンク 


関連記事↓
演技下手 福士蒼汰演技の下手な俳優ランキング
 満島ひかり演技の上手い女優ランキング
榮倉奈々演技の下手な女優ランキング

a42e80b30e7b3e1680a89834c8165853演技の上手い若手俳優ランキング

演技の上手い若手女優ランキング演技の上手い若手女優トーナメント

少しでもお気に入り頂きましたらシェアお願いします<(_ _)>


本ブログ映画記事は現在⇒元ボクサーの一念発起にて書きていますのでこちらの方もよろしくお願いします(*‘∀‘)