1960年代に数々のヒットを生んだ4人組グループ、ザ・フォー・シーズンズの栄光と挫折を描いたトニー賞に輝く大ヒットミュージカルを、クリント・イーストウッド監督が映画化した人間ドラマ

2015年2月4日レンタル開始
ジャージー・ボーイズ
ジャージー・ボーイズ:公式サイト

あらすじ
ニュージャージー州の貧しい町で生まれ育った4人の青年たちは、その掃きだめのような場所から逃れるために歌手を目指す。コネも金もない彼らだが、天性の歌声と曲作りの才能、そして素晴らしいチームワークが生んだ最高のハーモニーがあった。やがて彼らは「ザ・フォー・シーズンズ」というバンドを結成し、瞬く間にトップスターの座に就くが…

ジャージー・ボーイズ:予告動画↓


この前、クリント・イーストウッド監督のアメリカン・スナイパー観たんですけど、めっちゃ面白かった~

これも、クリント・イーストウッド監督作品ということで借りてみました

ニュージャージー州の貧しい地区で育った青年たちが体験する出来事の数々を、「シェリー」「恋のハリキリ・ボーイ」「君の瞳に恋してる」などの大ヒットナンバーに乗せて描き出した名作ですね(  ̄▽ ̄)

実話ベースの映画で楽しめます

スポンサーリンク



名匠クリント・イーストウッドが映画化      
ジャージー・ボーイズ
名匠クリント・イーストウッド監督が、60年代に一世を風びした伝説のポップグループ“ザ・フォー・シーズンズ”の結成から成功、挫折までをつづる実話ドラマでございます( ´▽`)
 
正直、60年代なんて産まれてないし、ザ・フォー・シーズンズなんて知らね~っという感じだったんですが

観ていくうちに・・・

(あれ?(・3・) この歌聴いたことあるじゃないっすか)

っとなっちゃう映画でしたね

メンバー間の争いや家庭不和など、栄光の裏に隠れた苦悩が映画内で明かされています。

舞台版にも主演したジョン・ロイド・ヤングが映画版でも主演を務め、「シェリー」「君の瞳に恋してる」をはじめ数々の名曲を、本物さながらの甘い歌声で披露してくれています

ザ・フォー・シーズンズを知ってる人には文句なしに楽しめるんじゃないっすか?

「シェリー」の歌が頭に非常に残る       
ジャージー・ボーイズ
ニュージャージー州の貧しい地区に生まれたフランキー・ヴァリ(ジョン・ロイド・ヤング)、ボブ・ゴーディオ(エリック・バーゲン)、ニック・マッシ(マイケル・ロメンダ)、トミー・デヴィート(ビンセント・ピアッツァ)の四人のボーイズ

ニュージャージー州出身だから、ジャージー・ボーイズって題名なんですかね?

希望のない町に生まれた4人は、自分たちの音楽だけで夢のような成功をつかみ取ろうと頑張ります

なかなか、日の目を見る機会に恵まれず・・長い間バックグラウンド・ヴォーカルとして活動していたようです・・・

でも、トミー・デヴィートが借金してまで曲を出し・・・それが・・・大ヒット

この映画で数々の名曲が披露されいくんですが、その中でも映画見終わった後でも頭に残る名曲がひとつ・・・


それは「シェリー」です

なんでだろう?すっごく頭に残るんですよね
名曲だからですかね?

この歌のヒットから一気にメジャーの階段を「フォーシーズンズ」は駆け上がるんですよね~

でも、成功と同時に崩壊の足音は聞こえて来ていました・・・

仲間割れそして分裂               
 ジャージー・ボーイズ
成功し世界的に有名になったフォーシーズンズですが、徐々に崩壊に兆しが見えてきました・・・

リーダーのトミー・デヴィート(ビンセント・ピアッツァ)の借金です

けっこうな収入があるんだから、貯めてればいいものを・・・
贅沢三昧(ノД`)、博打などもして・・・ヤバイところから・・・16万ドルの借金・・・
フォーシーズンズの貯蓄から50万ドルパクっていたようです 

トミー・デヴィートって人映画では、悪い人ではないけどちょっと自己中・・・
男気もあるんだけど・・・ちょっと空気読めない・・・

そんな感じの人でした・・・結局、 フランキー・ヴァリが借金を引受け
この問題を気に ニック・マッシ、トミー・デヴィートが抜けることになります


フランキー・ヴァリの孤独な戦い        
 ジャージー・ボーイズ
ここから、フランキー・ヴァリの孤独な戦いが描かれています・・・

皆で仲良く歌っていたあの頃とは違う・・・借金を返すために馬車馬のように働く孤独なシンガーです(ノД`)

歌に為に家庭は置き去り・・・娘は死んでしまいます

でもちょっと同情できない・・・だってこいつ・・・

愛人とか作ってたんですからね(゚Д゚)ノ

やっぱ有名になって金ができたら定番ですよね

でも結局、借金を気に馬車馬生活になって別れるハメになるんですけどね

もっと、家族を愛することと両立できたらよかったんだけど・・・難しいんでしょうね・・・

ラストは殿堂入り再会               
ジャージー・ボーイズ
ラストは救いがある感じでよかったです(; ^ω^)

フランキー・ヴァリの頑張りで借金も返し

1990年にロックの殿堂に選ばれたフォー・シーズンズ

ここで数十年ぶりに皆で再会するのです

トミー・デヴィートを許すかのように、二人で抱き合うフランキー・ヴァリ・・・

いろいろな思いがあるんでしょうね(*´ -`)(´- `*)


楽しかったあの頃のように皆で最後まで歌えたら良かったですのにね・・


一番良かったのはエンディングだったりして・・ 
ジャージー・ボーイズ エンディング
実は、エンディングにミュージカル調のシーンがあるのですが・・・

一番良かった( ´▽`)

皆で歌って踊って最高でしたね

見逃さないように、必見ですよ



実際の「ザ・フォー・シーズンズ」         
ザ・フォー・シーズンズ
実際のザ・フォー・シーズンズはこんな人たちです( ´▽`)

ちなみにこっちが映画のなりきりザ・フォー・シーズンズ
ジャージー・ボーイズ 映画 本物
けっこううまいこと演じていましたね

まあまあ、本物と似てるナイスキャスト

良いなりきり具合でしたね

総評は、まあまあかな? ザ・フォー・シーズンズことジャージー・ボーイズの事をもっとちゃんと知ってたらかなり楽しめたでしょうね(  ̄▽ ̄)知らなかったので・・まあまあ楽しめたっということで・・・3,5ってのがあったら良かったんだけどな~

クリント・イーストウッド監督はやっぱ上手いよね~クリント・イーストウッドだからこそのいい映画でした(  ̄▽ ̄)
監督違ったらけっこうヤバかったかもしれない・・・・

オススメ度:★★★☆☆
       (まあまあ) 
スポンサーリンク


少しでもお気に召しましたらシェアお願いします<(_ _)>